女性

ほくろを取るための治療しよう【綺麗な肌を実現しよう】

  1. ホーム
  2. レーザーによる治療の詳細

レーザーによる治療の詳細

笑顔の女性

炭酸ガスレーザー

ほくろ治療にはいくつかの方法がありますが、その中でも炭酸ガスレーザーについての手術を紹介していきます。炭酸ガスレーザーでのほくろ治療は薄いほくろよりも濃いほくろが取りやすくなるとされています。メラニン色素の過剰生成によって現れたほくろはレーザーによって身体の内部からメラニン色素を破壊してくれるので、それにより色の濃いほくろでも問題なく除去することができるのです。レーザーの出力が強いため局所麻酔をしたとしても多少痛みを感じるとされているため、美容外科クリニックで手術を受ける際は痛みがあるものだと覚悟しておくと良いでしょう。また人によっては施術中や施術後よりも、局所麻酔をした方が痛みを感じたという人もいます。口コミでも局所麻酔による痛みを感じる人が多いので、不安な方は医師と相談をして麻酔の方法を変更してもらうのも良いでしょう。

手術の特徴

炭酸ガスレーザーでは皮膚にある水に反応するとされており、ほくろの中にも多くの水分が蓄積されているので、ほくろに当てることによりレーザーでほくろの中にある水分を蒸散させてくれます。蒸散することによりほくろを破壊してくれますが、同時にレーザーの熱で血が固まるためあまり出血をしないとされています。またもし出血をしても流れるような出血ではないので安心して手術を受けることができるでしょう。炭酸ガスレーザーの治療法ならメスを使うくり抜き法などの手術よりも短時間がで手術が完了するので、なるべく早く治療を終えたいという方にもうってつけです。その他にもメスを使わないことから肌に直接傷をつけることもないので、傷がつかない方法としてはレーザー治療をするのが一番でしょう。しかしくり抜き法と違って炭酸ガスレーザーではレーザーの威力でほくろ除去をするため、手術法によっては根元が残ってしまうことがあります。そうなると時間が経つごとに皮膚の中からほくろが再生してしまう恐れがあり、再手術の必要もあるので注意が必要です。高い確率で完全に除去したいと考えているならレーザー治療をするよりも美容外科手術をするのが良いでしょう。治療法によってデメリットもあるので、手術の特徴を把握した上でどの治療法を受けるのかを検討してください。

悪性腫瘍は除去不可

ほくろは全てが良性ではなく、中には悪性のほくろもあるため手術をするときは医師による診察で除去をしても良いほくろなのかを知る必要があります。もし悪性のほくろであればレーザー治療や美容外科手術などの治療を受けることはできません。悪性のほくろがどのくらい進行しているのかを知るとともに適切な治療で悪性のほくろを除去しなければならなくなります。また進行度合いによっては他の場所に転移している恐れもあるので、悪性の場合は早めの対処が必要なのです。悪性のものはほくろと見た目がほぼ変わらないため素人では判断することができないといえるでしょう。大きく盛り上がっているものは悪性である可能性が高いとされるので、そうしたほくろを自分の身体で見つけたら美容外科クリニックの医師に見せて悪性であるかどうかの判断をしてもらうのが良いです。