大きさに合わせたほくろ治療

ほくろを取るための治療しよう【綺麗な肌を実現しよう】

安心できる施術をしよう

女の人

専門クリニック探し

ハッと気づいたときにほくろが出来てしまっていることは珍しくありません。ほくろはいつどこにできるか分からないもので、ほくろが出来てから初めて気づく場合が多いのです。腕や足ならあまり気にすることもありませんが、顔に大きなほくろが出来てしまうと目立ってしまいます。女性は化粧でも隠すことが可能ですが、完全に隠すことはできず黒い点が少し残ってしまうでしょう。コンプレックスの一つとなるほくろを除去したいなら専門クリニックで適切な治療を行なってコンプレックス改善をしてください。専門クリニックで行なわれるほくろ治療には様々な方法がありますが、その中でも最近人気を集めているのはレーザー治療といわれています。レーザー治療の中でも炭酸ガスレーザーは一度治療をするだけで少しずつほくろが消えていくという効果が期待されています。即効性はありませんが、数か月待つことによってほくろ除去をすることができるでしょう。小さいほくろならそれよりも早く除去できることもありますが、大きいほくろの場合は面積が広いため人によって数か月以上もかかってしまうことがあります。専門クリニックでは治療の前にカウンセリングも行われているので、その時にほくろを医師に診てもらうようにしましょう。しっかり診察をしてもらうことでほくろ治療の方法や完全に除去できるまでの期間を詳しく説明してくれます。また信頼できる専門クリニックを探すときは医師としっかりカウンセリングをして信用できる医師か判断をしておくと良いです。口コミだけでなく実際にカウンセリングを受けることで良い専門クリニックか知ることができるでしょう。

痛みのない治療をしよう

ほくろ治療の方法によっては多少痛みがあるとされていますが、あまり痛みのない治療をしたいなら医師に相談をしてその人に合う治療法を提案してもらうようにしましょう。またほくろ除去をする前にまずは局所麻酔をして神経を麻痺させていきますが、この局所麻酔が痛いとされるので麻酔を打つときには痛みがあることを覚悟しておくようにしてください。麻酔が効き始めたら痛みも緩和して、治療中も全く痛みなく完了することができます。治療の中であまり痛みを感じることなく受けられるとされるのは炭酸ガスレーザーやメス切除縫合法、くりぬき法などとされています。どれも局所麻酔をしているため施術中は痛みを感じることはありませんが、施術後は麻酔が切れるため少しずつ痛みが襲ってくるでしょう。尋常ではない痛みの場合はすぐに専門クリニックへ行って医師と相談をし、必要に応じて薬をもらうようにしてください。また施術前の局所麻酔をしたくない人は麻酔クリームで代用することもできます。麻酔クリームは局所麻酔に比べて効果が出るまでに20分から30分かかるとされているため、クリームを塗った後は少し待機をする必要があります。麻酔してから施術をするまでの時間は局所麻酔の方が断然早いですが、麻酔による痛みがなく心配がない方法は麻酔クリームでしょう。どちらを選択するかは患者で自由に決めることができるので、医師の話を聞いてどの麻酔方法にするのか決断をしてください。ほくろ治療では基本的にどんな治療法でも施術後は必ず痛みを伴うとされています。また医師の腕の違いによって痛みの度合いも変動するとされるので、腕の良い医師に施術をしてもらうようにしましょう。口コミ情報を見るとともに医師の経歴を自分自身で調べておくとベテラン医師のいる専門クリニックを見つけることができます。またほくろ治療にかかる値段を重視している人は、たくさんあるクリニックの中で一番費用が安いところを選択しましょう。費用が低価格で提供されている専門クリニックならお財布にやさしいですが、施術方法やアフターケアサービスなどが異なる場合もあるので注意してください。価格が安いのにはそれなりの理由があることも考えられるので慎重に専門クリニックを選ぶようにしましょう。

手術方法を紹介

眼鏡の女性

ほくろ治療をする際は美容外科クリニックで美容外科手術やレーザー治療を受けるようにしましょう。予め手術の詳細について聞いておけばどちらの手術を受けるか決めることができます。

レーザーによる治療の詳細

笑顔の女性

美容外科クリニックでは炭酸ガスレーザーの治療でほくろを除去することができます。レーザー治療のメリットとしては傷が残らないや短時間での除去が可能などがあります。デメリットもあることを理解しておきましょう。

病院で安全に除去

女性

ほくろ治療は美容外科や美容皮膚科、形成外科で行なうことができそれぞれの特徴も異なっています。病院を選ぶときはホームページをチェックして安心して依頼できる医師か判断しましょう。